靴を通販で購入するときに気をつけること

靴を通販で購入する際、心配なのが自分の足に合うかどうかということではないでしょうか。例え同じサイズのものでも、実際に履いてみればメーカーによっては小さく感じたり、逆に大きく感じることもあるかもしれません。そのため、実際に店舗で履いてみてから購入するという人も多いはずです。ですが店舗で実際に選ぶとなると種類も限られるため、自分好みのものが見つかるとは限りません。
その点通販であれば、自宅にいながら豊富な柄やスタイルのものを簡単に見つけて購入することができます。このように試着せずに購入することにはメリットとデメリットがあるものの、デメリットである自分の足に合うかどうかという問題は、実はあることをチェックすることで簡単にクリアすることが可能です。

大切なことは自分の足の特徴を知ること

足のサイズが一人ひとり違うように、足の特徴も人によって違います。例えば足の甲の横幅が広い人や指が長い人など、例えサイズが同じでも人によって合う合わないのがあるのはこのように足の特徴が違うためです。
そのため、まずは自分の足について良く知ることが大切です。足の甲のサイズは平均なのか、指の長さは人より長いのか短いのか、こういったことを知るだけでも実際に靴を選ぶ際にも役立つはずです。
そしてより正確に自分に合ったものを選ぶためには、足のサイズを正確に測ってみることがおすすめです。サイズはメジャーを使えば自分でも簡単に測ることができます。素足の状態でつま先からかかとまでの長さと横の幅を測れば、後はネット上にサイズがわかる表があるので、そこに当てはめて確認してみると良いです。

サイズ以外に忘れてはいけないのがむくみ

足の正確なサイズがわかったら、今度は実際に店舗に行って自分に合うものを履いてみると良いでしょう。いくら通販で購入するといっても、事前に店舗で自分のサイズに合うものを試し履きしてから購入したほうが失敗することがありません。ただし、この時に気をつけたいのが、試し履きするときの時間帯です。
例えば、デスクワークなどをしている人であれば夕方から夜にかけて足がむくんでしまう人が多いです。そしてむくんだ状態で試し履きをしてみても、自分に合った正確な靴のサイズはわかりません。むくんでいる状態で試し履きをし、もしそこでサイズを勘違いしてしまえば、当然自分の足に合ったものはネットでも購入することができません。
そのため試し履きをするにしても、足がむくんでいない時間を選ぶことが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加